読書日記

読書の記憶のために

「書いてはいけない・森永卓郎」再び財務省糾弾と新たにジャニーズ性加害問題、日航機御巣鷹山墜落事故自衛隊隠蔽問題など

 

書いてはいけない

書いてはいけない

Amazon

 

あらすじ

 

『ザイム真理教』を上回る衝撃作!

 ~日本経済墜落の真相~ ‥2023年12月、私はすい臓がんステージ4の告知を受けた。

 

告知の瞬間、私は、何かを食べたいとか、 どこかに行きたいとか、そんなことは微塵も考えなかった。 なんとか自分の命のあるうちにこの本を完成させて世に問いたい。

 

そのことだけを考えた。 その意味で本書は、私の40年にわたる研究者人生の集大成であると同時に、私の遺書でもあるのだ。(本文より)‥

【目次】

第1章 ジャニーズ事務所

第2章 ザイム真理教

第3章 日航123便はなぜ墜落したのか

第4章 日本経済墜落の真相

(出版社より)

 

読後感想

 

森永指摘する項目について僕の感想を率直に書きます

 

1 ジャニーズ事件

この問題は知っていた

知っていたけど男同士の性加害がほとんど問題にされないので、個人的に興味はなかったので放って置いた

僕自身もジャニーズ所属タレントにはそれほど興味がないのでこれ以上の何物でもなかった

マスコミも知っていてジャニー氏に当たり散らされるのが怖くてこれも放って置いたのが事実だと思う

マガジンを紹介する楽天マガジン等ではジャニーズ事務所のタレントが出た写真はことごとく白塗りされていたことがその力のすごさには驚いた

ただ何年も続く間にこれが雑誌社と楽天マガジン社との規約があるんだろうと思いっていた

BBCのドキュメント番組がきっかけで世の中に知らしめられたというが、いつもBBCドキュメントを日本で再放映していたNHKがこの番組だけ除外していた

この説明があったのか、無ければ放送しないに至った社内の経緯を知りたい

 

2 ザイム真理教

近年赤字財政の垂れ流しである

森永氏は財務省が財政規律にばかり躍起になっているが日本国内には悪い影響は無いと言われているが、個人的には疑問

むしろ問題なのは財政の使い道

自民党政権が選挙目当てのバラマキを続けているし、政党交付金、国会議員に支給されている交通費補助金など使途が国民にわからないことのほうが大問題

元々それらは国民の税金であるので当然使途は明示すべき

財務省に一緒になって使途明示運動をすればよい(笑)

 

3 日航機123号墜落事件

森永氏はどこまで自衛隊の練習が事故に繋がったのかわかっているのか?

私には今さら自衛隊の策略があったと言われても肯定も否定もできない

 

4 日本経済墜落の真相

森永氏の書かれるていることは他の本でも読んでいる

日本経済の扉をアメリカに言うがままに開いた実行犯は竹中平蔵だと

確かに軍事面、政治面ではアメリカの属国のような位置づけだろうと思う

経済面では一時的にある程度独立したと思うが、将来を見る目がなかった

家電、半導体などが良い例だと思う

 

表面化していないだけで今後台湾問題尖閣問題が精鋭化するに従って米国と日本の国民感情とのづれが生じてくると思う

私も森永氏の意見について否定しない

ただ言えることは私の力ではどうしようもない問題なので、選挙投票で自分の意思を示していきたい

 

森永氏が早く回復されることお祈りします

 

 

--------------

以下をクリックしてもらえると嬉しいです(ブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

*イラストはフリー素材を使用しています

*クリックありがとうございますm(_ _)m

 

 

「罪の声・塩田武士」を読む//グリコ森永事件をベースにしたフィクション

 

 

あらすじ

日本中を震撼させた未解決事件を描いた
感動ヒューマンミステリー大作!!

35年の時を経て蘇る哀しき宿命。
脅迫テープに使われたのは、幼きころの自分の「声」だった――


第7回山田風太郎賞受賞作。「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、本屋大賞第3位。
圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた傑作長編小説。

 

「これは、自分の声だ」
京都でテーラーを営む曽根俊也。自宅で見つけた古いカセットテープを再生すると、幼いころの自分の声が。それはかつて、日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声と、まったく同じものだった。一方、大日新聞の記者、阿久津英士も、この未解決事件を追い始め--。
圧倒的リアリティで衝撃の「真実」を捉えた傑作。

文芸/ミステリー/ノンフィクション--
ジャンルを超え新聞・出版界が騒然とした超話題作、ついに文庫化!


逃げ続けることが、人生だった。
その運命に、必ず涙する。

 

(出版社より)

 

 

 

読後感想

 

40年近く前の事件ですが私は当時新聞・テレビを賑わした事件として覚えています

もっとも最近ではNHKで未解決事件としてドキュメント番組を放送したこと、同様に本も出版され未解決事件の一つとして頭に残っています

もう時効成立していますから真相究明はほぼ不可能だと思います

 

この小説は事件後判明したことをそのまま取り入れ、わからない部分は作家のフィクションとして描かれています

 

事実判明した要点は

・キツネ目の男

・身代金の置き場を指定する男児2名女児1名の声

 

本書ではキツネ目の男は海外逃亡

男児2名は声変わりしているの重要性が薄れた

女児は小学生高学年でもあり、いずれ声主が知られると思い、犯人側が拘束しようとしたが、ビルから自らが転落死

 

これだけ犯行時から時間が経過しているものの、事件後の真相究明はできていません

 

そこを本書では上記の推定を元に書き上げています

 

随所に納得の行く場面の遭遇します

 

これだけ大がかりが事件でしたが今だかつてわかりません

10名前後は犯行に関わっていると思いますがどこからも漏れてきません

よほど統制の取れた集団だったのでしょう

ということは反社集団が拘わっている?ということか

 

作者はそこを巧妙に仕立てています

 

「さもありなん」と思いました

 

後段では事件の声に拘わった元男児の壊された人生の恨みが綴られています

本人の意思とは関係無しに事件の重要人物になった悲しさは心が潰される思いでした

 

映画化されNetflixやAmazonPrimeビデオで観ることができますが、当分これは観ないつもりです

本書の自分なりのイメージが壊されそうになるということからです

 

--------------

以下をクリックしてもらえると嬉しいです(ブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

*イラストはフリー素材を使用しています

*クリックありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

「終末のフール・伊坂幸太郎」を読む//原書はNetflixと違い、至って平穏、諦めの境地

 

 

あらすじ

 

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。

自分の言動が原因で息子が自殺したと思い込む父親(「終末のフール」)
長らく子宝に恵まれなかった夫婦に子供ができ、3年の命と知りながら産むべきか悩む夫(「太陽のシール」)
妹を死に追いやった男を殺しに行く兄弟(「籠城のビール」)
世紀末となっても黙々と練習を続けるボクサー(「鋼鉄のウール」)
落ちてくる小惑星を望遠鏡で間近に見られると興奮する天体オタク(「天体のヨール」)
来るべき大洪水に備えて櫓を作る老大工(「深海のポール」)などで構成される短編連作集。

はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

(出版社より)

 

感想

 

短編が8編書かれています

いずれも小惑星が8年後地球に衝突し地球は滅亡する前提でのフィクションです

 

今回は「終末のフール」の感想です

発表されてから3年後、発表直後は滅亡することに悲観し、自殺や暴動、略奪なども発生したのですが、この時点では何をやっても無駄なことがわかり諦めてできるだけ平穏な日々を送る家族の物語です

長男が父親からの暴言で自殺

長女は父親に嫌悪感を持ち滅多に実家に戻らない

どこの家庭にでも起こるかも可能性がある出来事です

直接終末に関連する事柄は書いてありませんでしたが、先に書いた慌てて何をやっても無駄なことがわかり、できるだけ穏やかに過ごそうという流れでした

日本はもしこのようなことがあれば自然に逆らっても意味が無いと、このような諦めの国になるのかと思いました

 

「終末のフール」以外の続編は追って読みたいと思います

 

同時期にNetflix韓国映画「終末のフール」1巻目を観ましたが

これは主に朝鮮半島に衝突し限定的な被害という前提でした

国外脱出する人々、破壊されてまともに住むことができないマンション

不安から周りの器物を破損させる滅亡型ドラマで10話ほどありました

 

ちなみに小惑星が地球に衝突するということは、天文学で調べた結果我々が生きている間も含めて全く心配はないようです

 

 

--------------

以下をクリックしてもらえると嬉しいです(ブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

*イラストはフリー素材を使用しています

*クリックありがとうございますm(_ _)m

 

「777・伊坂幸太郎」を読む//コミカル殺人稼業の行く末は・・・

 

 

あらすじ

そのホテルを訪れたのは、逃走中の不幸な彼女と、不運な殺し屋。そして――

 

累計300万部突破、殺し屋シリーズ書き下ろし最新作

『マリアビートル』から数年後、物騒な奴らは何度でも!

やることなすことツキに見放されている殺し屋・七尾。通称「天道虫」と呼ばれる彼が請け負ったのは、超高級ホテルの一室にプレゼントを届けるという「簡単かつ安全な仕事」のはずだった――。

 

時を同じくして、そのホテルには驚異的な記憶力を備えた女性・紙野結花が身を潜めていた。彼女を狙って、非合法な裏の仕事を生業にする人間たちが集まってくる……。

 

感 想

 

殺し屋シリーズ「マリアビートル」の続編

私は「マリアビートル」を読んでいないので、読み始めは何の事やらちんぷんかんぷん

ただドジな殺し屋が上手くいったり失敗したりこの辺りが伊坂ワールドなんでしょう

 

ただ人気のある作品なので継続し読んでいる読者の方には面白さがわかったようです

「AX」も読みましたが私にはあまり興味が沸く内容ではありませんでした

 

伊坂氏の初期の作品「ゴールデンスランバー」が大好きだっただけにこの類いの本を期待しています

 

結局「777」は残り2/3を残して読むのを諦めました

本当はここから面白くなったのかもしれません

 

また観ていませんが「週末のフール」が韓国映画としてNetflixで公開されています

原作とはだいぶ違ってる気がします

まず本で読み直そうと思っています

 

--------------

以下をクリックしてもらえると嬉しいです(ブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

*イラストはフリー素材を使用しています

*クリックありがとうございますm(_ _)m

 

「完全ドキュメント北九州監禁連続殺人事件・小野一光」を読む//読み終えたら、深いため息が出た

 

 

あらすじ

 

福岡県北九州市で7人が惨殺された凶悪事件が発覚したのは、
2002年3月のことだった。

 

逮捕されたのは、松永太と内縁の妻・緒方純子。
2人が逮捕された2日後に現場入りを果たして以来、20年間にわたってこの“最凶事件”を追い続けてきた事件ノンフィクションの第一人者が徹底的に描く、「地獄の連鎖」全真相。

 

感 想

読み終えてからふーとため息が出ました

単行本で500ページのボリュームもさることながら残忍で陰湿な事件が当時の告白や裁判記録などから書き連ねられていきます

 

この事件が報道されたのが20年以上前

知っている方も少なくなったでしょう

私は当時の報道を知っていましたが、監禁され親族6人が殺された程度の知識でした

「殺人事件とわかって、どうして逃げないのか」という報道が何度も成されました

当時はマインドコントロールという言葉も無かったように思います

 

それがどんなに恐ろしいことなのか改めて知りました

 

この本を読んでいくと、暗い闇の中に引きずりこまれていくように感じました

親族が親族を殺し、また殺した親族が別の親族を殺していく

最後の方では年端もいかない子供までも巻き込まれる

 

はじめは松永太と内縁の妻緒方純子の共同正犯だと確証にも似た感じでしたが、後半判決内容を読んでいく内、松永により緒方がDVにより心を乗っ取られ、殺人に引き込まれていく姿だと読み取れました

 

指示犯は松永太、実行犯の大半は緒方純子

 

上告審で松永は死刑、緒方は無期懲役が確定

納得の判決だと思います

 

松永太の家庭環境は普通の家庭となんか変わりないのに、どうしてこんな凶暴な人間になっていくのか、その辺りは死刑犯になった今でも取材が叶わず書かれていません

 

鬼畜、人殺し、DV野郎、ヤクザ以上のヤクザなど言葉をいくつ並べてもいい足りないくらいです

粗野で人をたぶらかすような、絶対に同じような人間が現れてはいけない存在だと感じました

 

--------------

以下をクリックしてもらえると嬉しいです(ブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

*イラストはフリー素材を使用しています

*クリックありがとうございますm(_ _)m

 

 

「ともぐい・河﨑秋子」を読む//熊との決闘シーン大迫力、最後は土に帰ると思っていたがこんな方法とは・・・

 

ともぐい

ともぐい

Amazon

 

 

あらすじ

明治後期の北海道の山で、猟師というより獣そのものの嗅覚で獲物と対峙する男、熊爪。

図らずも我が領分を侵した穴持たずの熊、蠱惑的な盲目の少女、ロシアとの戦争に向かってきな臭さを漂わせる時代の変化……

すべてが運命を狂わせてゆく。

人間、そして獣たちの業と悲哀が心を揺さぶる、河﨑流動物文学の最高到達点!!

(出版社より)

 


感 想

つい最近の直木賞受賞作品です

主人公の熊爪

山中で猟師の生活をしていたが、生活そのものが獣(けだもの)

たまに熊、兎等を売り、生活物資を買うために人里に現れる以外は自給自足の山中暮らし


2頭の大熊とそれぞれ違う場での決闘シーン

迫力がありました

そして熊から襲われた人間を処置する方法には背筋が寒くなりました

麻酔薬などない山中ですから傷が腐敗しない為に熊爪の対応はその時代、その現場としては最適なんでしょう

いかに熊に対して人間が無力であるかわかりました

昨今人里に現れる熊をやはり恐れなければなりません


最後熊爪は土に帰るんだとなんとなく想像していましたが、その方法には唖然としました

ただ本人は「これでいいんだ」と諦めの境地

飼っていた犬が生き延びたのは心から嬉しく思いました

気の弱い方は覚悟して読んだ方が良いです

 

 

--------------

以下をクリックしてもらえると嬉しいです(ブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

*イラストはフリー素材を使用しています

*クリックありがとうございますm(_ _)m

 

「あなたが誰かを殺した・東野圭吾」//別荘地での連続殺人事件。次はあなたかも・・・

 

 

 

あらすじ

★★★ミステリ、ど真ん中。★★★

最初から最後までずっと「面白い!」至高のミステリー体験。

 

閑静な別荘地で起きた連続殺人事件。

愛する家族が奪われたのは偶然か、必然か。

残された人々は真相を知るため「検証会」に集う。

そこに現れたのは、長期休暇中の刑事・加賀恭一郎。

――私たちを待ち受けていたのは、想像もしない運命だった。

(出版社より)

 

 

感想

別荘地での連続殺人事件です

登場人物が多すぎました

ご近所にある4軒の別荘地で事件が起きます

別荘のオーナー夫妻、その姪御や婚約者、手伝いの社員、娘とその婚約者など別荘地関係者など15人+外部から来た殺人実行者1名が出演します

覚えきれなくなってメモ用紙に関係者名とその関係を書いてようやく整理が継いだ段階でペース良く読み始めました

この15人中5人が殺され1人がケガですから大殺人事件

ただこれだけ殺されると怖いとかの印象は無く純粋にミステリーとして犯人を推定する方に重点を置かざるを得ません

それぞれに殺人動機があり、これを休暇中の加賀刑事が犯人をあぶり出します

そしてだれも想定していなかった人物が殺人指示役、そして直接の殺人を犯したことが判明

あまり怖くないミステリーでした

ただ純粋に犯人捜しをするのがおもしろかったです

 

 

--------------

以下をクリックしてもらえると嬉しいです(ブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

*イラストはフリー素材を使用しています

*クリックありがとうございますm(_ _)m

 

 

--------------